fc2ブログ

藤田敏八監督作品『八月の濡れた砂』を観る

フィルムセンターにて藤田敏八監督作品『八月の濡れた砂』を観る。
70年代的な映像美と暴力が続く作品で、藤田敏八の世界そのもの。
嫌悪感までは感じないが、ほとんど共感できない作品。
同じ頃につくられたロマンポルノと呼ばれる日活作品の方が、
よほどリリカルであり、人間の本能や情念に対する敬意が感じられる。

高円寺の駅から阿波踊りが見えた。
小雨の何のそのだ。

行きつけの店で、時計好きの人からパテック・フィリップ、ブレゲ、バセロン・コンスタンチン等々の超一流のアンティーク時計のコレクションを見せてもらう。
ブレゲの美しさにうっとり。
スポンサーサイト



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

21 : 56 : 55 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット