fc2ブログ

『想い出のマルセイユ』と『パーキング』

昨晩は8時半からユーロスペースで『ローラ』を観た後、帰宅し、
豚バラ肉の煮込みと、ポタージュと(粉にお湯をかけるだけでなく、ちゃんとネギを炒めてじゃが芋を茹でてつくったやつ)、筑前煮をつくり、
ブログを更新し就寝。
今朝は6時に起き、豚バラ肉を再び煮込み、身支度をし9時5分に自宅を出て10分発の電車に乗る。
9時半頃渋谷駅に到着し、ユーロスペースに行き、今日の上映の整理番号を受け取る。
VIRONに行き、リエットを挟んだバゲットのサンドを頼み、上のブラッスリーに上がると、朝の9時台だというのに、ここのえらく高い朝食を食べる人で満席。皆ペチャクチャ話しながらパンを食べてる。
カウンターでエスプレッソ(よろしくない味)を飲みながら、
サンドイッチを食べる。
ユーロスペースに戻り、座って雑誌を読みながら上映を待つ。
ワタシの疲れは、すでに臨界点。
昨日買った『クウネル』最新号は、台所特集。
人様の台所の写真を見るのは大好きなのだが、
この雑誌、ほめ殺しみたいな文体がとにかくキモチワルイ。
ku:nel (クウネル) 2007年 05月号 [雑誌] ku:nel (クウネル) 2007年 05月号 [雑誌]
(2007/03/20)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る


今日もジャック・ドゥミ特集。
まず1988年のイブ・モンタン主演『想い出のマルセイユ』。
80年代の安っぽいサウンドとファッションが満載なのには嫌悪感を感じる。
オエーッ。
今となっては、80年代のピコパコ・サウンドは無残としか言いようがないね。
主演女優のマチルダ・メイはワンピースに丈の短いジージャン着ていてさ。
冒頭のマルセイユ駅近くでの群舞などは竹の子族みたい(竹の子族は正確には1980年の現象だけど)。
一方往年のスタンダード・ナンバーやジャズを唄うところは、対照的に素晴しい。
まぁ、80年代というのはルグランもピコパコ・サウンドをやらざるを得なかった軽薄な時代だったんだねと再認識。
『ロパと王女』と同じ近親相姦がテーマの映画でした。
今回の上映に利用したフィルムはフィルムセンター所蔵のものだったのに、映画中盤に映写事故発生。
ミュージカル・シーンで突然途切れ、5分以上(10分ぐらいだったかも)待ちの状態に。

上映後、DEAN&DELUCAで食パンを買い、いったん帰宅。
19時半からの『パーキング』を観にいくためにまた渋谷のユーロスペースへ向かう。

『パーキング』は、1985年の作品。もちろんこれもジャック・ドゥミ&ミシェル・ルグラン作品。
ジャン・コクトーの『オルフェ』の大胆なリメイク。
古城に住む、日本人の愛妻を持つロック・スター「オルフェ」が、あの世とこの世を行ったり来たりするお話。
ジャン・マレーも顔を真っ白く塗った姿で出演。
これも80年代の作品なので、あの恐ろしいピコポコ・サウンドが流れるのかと恐れていたが、この作品はほぼ無傷だった。
オルフェがコンサートの時にしているヘアバンドに動く電飾が付いているのには笑ったけど。
主人公オルフェの妻役という重要な役を演じたケイコ・イトウという女優さん、目のクマの感じなどちょっと寺島しのぶ似。
とてもフランス語が流暢(にワタシには聞こえる)。
検索しても情報が出てこないのだが、どういうプロフィールの方なのだろうか?
題名がなぜ『パーキング』なのかは、冒頭すぐ判明。
こういうおとぎ話があってもいいのでは。

ジャック・ドゥミ&ミシェル・ルグランの最後の2本を鑑賞した一日。
疲れた。
スポンサーサイト



テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

23 : 05 : 53 | 映画 | トラックバック(1) | コメント(6) pagetop
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット