fc2ブログ

『タクシードライバー』の12年前に『ど根性物語 銭の踊り』があった。

今日は、新文芸坐の勝新太郎特集、『ど根性物語 銭の踊り』を鑑賞。
先日この作品のあまりにカッコいい予告編を観て、観たくてたまらなくなり、観に行った次第です。
市川崑の作品を観るのは4年ぶりぐらい。

徹底した不親切さがもの凄く斬新な作品。
最後の一番盛り上がるところであるはずのナイト・シーンなんて、露出アンダー過ぎで、役者の顔の表情がまったく見えず、ずっと黒い影が動いているだけ。
それに、観客が観たい部分を全然カメラが映してなくて、最後の方で勝新がロイ・ジェームスを撃つシーンなんて、撃っている勝新も、撃たれるロイ・ジェームスの身体も映さず、ただロイ・ジェームスの顔のアップだけを撮っていて、表情の変化と音から、「あ、撃たれたんだな」と観客は推測するのみ。
編集も不親切で、観客が理解しやすいように全然つないでないんだけれども、勢いと説得力でグイグイひきつけられるのです。
銀座の雑踏の中、勝新が追っ手から逃げるシーンでも、カメラも編集も凄くわかりにくい。
けどスゴい。
雑踏を撮る時もカメラは人込みの頭の部分のみばかり撮っていて、カメラもブレブレ。
そのブレ感も『仁義なき戦い』のとも違う、とても見づらいブレで、かつスタイリッシュ。
ところで、勝新がヘルメットをかぶってカモフラージュするシーン、銀座8丁目のコーヒーの名店「ランブル」の真横で撮っているので、「珈琲だけの店 カフェ・ド・ランブル」の看板と今も変わらない店構えをスクリーンで観ることができ、おお、ランブル今と同じだーと、コーヒー好きなら反応すること請け合い。

映画のタイトルで、動きが何度もポーズになるところもカッコいいし、
始まってすぐの街角での広角でのショットと、迫力あるカーチェイスもすごいし、
全編流れる松本英彦クワルテットの演奏もとてもイイのです。
ワタシ、音楽がクールなジャズだと、どんな作品でもよく見えてしまうクセがあり、石井輝男の『セクシー地帯』とか中島貞夫の『893愚連隊』とかは最初の音楽が流れただけでやられてしまうクチなのですが、この『銭の踊り』でもそんな感じになりました。
そして、何といっても途中の、勝新が部屋の中で銃をガンベルトから出して撃つ練習をするシーンに驚きました。
『タクシードライバー』の「You talking to me?」と同じです。
デニーロのの12年前に勝新がこれを演じていたとは。
スコセッシは『銭の踊り』を観て、正義感が強い、暴走するタクシー運転手の映画という構想を抱いたのか?と思うぐらい。

まとめると『銭の踊り』、予告編に違わぬ面白さの、スタイリッシュな不親切映画でした。
英語にするとstylish unkind filmですか?
ここまで徹底的に不親切さを全うしたことに感服いたしました。
スポンサーサイト



テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(6) pagetop
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット