スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

京橋へ。HIDEMI SUGINOと『近松物語』

いま、スティービー・ワンダーの『Innervisions』を聴きながら書いてます。
中学生2年の時聴いて感激したアルバムだけど、今聴いてても、その感激はまったく変りません。

日曜だというのに、朝早く家を出て、9時半に京橋に到着。
フィルムセンターに行くためではありません。
あの、カリスマ・パティシエ杉野英実氏の「HIDEMI SUGINO(イデミ スギノ)」に行くためです。
9時半の時点で、既に10名が並んでました。しかもうち半分は男性の一人客。
木枯らし1号が吹くという寒空の中、震えながら待っていると、厨房からの甘い匂いがしてきて、もうちょっとだ、頑張ろうという気にさせてくれます。
開店の10時前には更に行列が伸びて、大行列。
で、開店。
この時点では、いくつかのケーキがまだ出来てません。
お目当てのアンブロワジーは11時過ぎの出来上がりとのことですが、
それまでイートインで待てっていていいとのこと。
で、そのアンブロワジーとポム・デーブとスーボワを注文。
この店では皆、一人で2つ、3つ頼んでます(6個までの個数制限あり)。
この人気で、次回いつ貴重なケーキにありつけるかわからないので、
複数食べるのは当然の行為でしょう。
あっという間に、イートインは満員です。
お客さんをみていると、グルメっぽい男性の一人客が多い。
さて、ポム・デーブとスーボワが運ばれてきました。
ポム・デーブは、フランベしたリンゴをのせた青リンゴのムースと
シナモン風味のキャラメル・ムースのケーキ。
これは美味しい。
特に下の層のキャラメル・ムースがお酒が程よく効いていて、
たまりません。
オススメの一品です。また食べたい。
スーボワはカシスのムースのケーキ。これは割合普通でした。
かなり酸味は強め。

アンブロワジーを待っている間、隣の席の女性二人とちょっと話す。
札幌から来ていて、夜は東京ドームのアジア・シリーズに行って日本ハムを応援するとのこと。
札幌のケーキもかなりレベルが高いという意見が一致。
なんて話している間にも、お客さんがどんどんやってきて、
飛ぶようにケーキが売れていきます。本当にスゴイ。

さて、11時がまわりアンブロワジーがやってきました。
ワタシの他にもアンブロワジーを待っていたお客さんが何名かいました。
この超有名なチョコレートのケーキ、ルックスからかなり濃厚な押しが強い味を想像をしていましたが、
口に入れた途端「違う」と思いました。
いい意味でかなり裏切られた感じ。
アメディなどのチョコレート・ケーキとはかなり違う味のチョコレートでした。
濃厚でありながら、かつ軽やかな味わい。
矛盾しているようで、それが両立するチョコレートなのです。
内側には甘みのない白いクリームが入っていて、
台の下の方にはかなり酸味の強いラズベリーのソースがあり、
このラズベリーだけ食べると酸っぱいのですが、
外側のチョコレートを合わせて食べると、丁度よい加減でした。

かなり満足をし、焼き菓子の組み合わせも買ってお会計をすませました。
11月14日からクリスマス・ケーキ2種類の予約受付を始めるそうです。
わー、予約したい、と思いましたが、6000円もします。
これがメインになってしまうお値段です。

『近松物語』を観るためにフィルムセンターに移動。
溝口とか小津とか成瀬の時はフィルムセンターは狂気の沙汰の並びようですが、
それを覚悟して、超早い時間に行って座って待っていると、
オジイサマ達の大声でのオシャベリにまいってしまう。
物凄い大声で、『砂の器』のストーリーを微に入り細に入り話し合うのは止めてくれー。うるさくて、金子光晴が読めないではないかー。

『近松物語』を観るのは、汚く臭かった中野武蔵野ホールでの進藤英太郎特集(渋い)以来よ。
8月に行った『没後50年 溝口健二 国際シンポジウム』で、
香川京子と助監督だった田中徳三の『近松物語』撮影時のエピソードを色々聞けたのので、
それを思い出しながら観ました。
完璧な映画とはこういう作品のことを言うのだな、と改めて思いました。
特に、霧がたちこめる小舟の上で、長谷川一夫演じる茂兵衛が香川京子演じる「おさん」に告白するシーン。
もう、どうしましょう。
撮影時、溝口健二は香川京子に「反射してください」としか言わず、
具体的な演技指導がなく、どう演技したらいいものかと困ったと話していましたが、
香川京子にとっても一世一代の名演技でしょう。
美しく、憂鬱そうで、そして開放され、強く美しい。
昔、文芸春秋で好きな洋画と日本映画ベスト10を選ぶという企画がありましたが(文庫本にもなっている)、
ワタシならこの『近松物語』を入れたい。
はあー。
近松物語

スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 58 : 11 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) pagetop
<<朝ごはん | ホーム | 溝口健二の『雨月物語』『祇園囃子』『山椒大夫』を観る>>
コメント
こんにちは。茂兵衛の告白の場面、「御寮人さんのことを、お慕い申し上げていました」でしたっけ? このシーンには思わず身悶えしてしまいます。香川京子がくるくる回るシーン、ラストの2人の表情、早坂文雄の音楽・・・「近松物語」大好きです。あと「お遊さま」ですが、田中絹代に??? と感じるのは私だけではなかったことがわかりました。
by: くまぞう * 2006/11/15 23:38 * URL [ 編集] pagetop
くまぞうさん、こんにちは。

私も舟の上での告白のシーンで、鳥肌がたちました。
早坂文雄の音楽も素晴らしかったですね。音楽にあわせ、俳優の演技がだんだん、歌舞伎とか文楽っぽい仕草になるのに、とても合ってました。

田中絹代については、作品を見ながら、溝口は惚れてたんだなー、と考えてしまいます。
by: リネン * 2006/11/16 03:53 * URL [ 編集] pagetop

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/117-fb07cb40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。