スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『恋人のいる時間』と『モンソーのパン屋の女の子/シュザンヌの生き方』

シネマヴェーラのヌーヴェルヴァーグ特集に行く。
11時からの初回。
ジャン=リュック・ゴダールの『恋人のいる時間』。
身体の一部がスクリーンいっぱいにアップになるショットが多い。
音楽はミシェル・ルグランでした。
スーパーのモノプリやワイン屋のニコラが写るシーンがあり、
64年当時からあるのね、と変な所で反応する。

続いて『六つの教訓物語』からエリック・ロメール監督の短編『モンソーのパン屋の女の子』。
なんで、大の男二人があんなにひっついて並んで歩くんだろ。
カフェのル・ドームが出てた。
同じく『六つの教訓物語』からロメールの『シュザンヌの生き方』。
最後どんでん返しがあり。
フランス人って、お金を本のページの袋状のところに入れて隠すのね。

モンソーのパン屋の女の子/シュザンヌの生き方 モンソーのパン屋の女の子/シュザンヌの生き方
エリック・ロメール (2007/01/27)
紀伊國屋書店

この商品の詳細を見る


この前好きな映画を100本あげようとして結局46本しか思いつかなかったのだけれど、
イタリア(人監督の)映画は7本入ったのに、
フランス映画は1本も思いつかなかった。
イタリア映画の方を多く観ているということもあるのだけれど、
1本も好きなフランス映画が思いつかない、ということが驚き。
無理矢理好きなフランス映画をあげろと言われたら、
そうですねー、『アメリ』かな。かわいかったし映像が凝っててキレイだったし。
と『アメリ』しか思いつかない程、フランス映画が波長に合わないのだ。

渋谷のビックカメラでCASIOのデジカメEXILIM EX-Z1000用のケースESC-80RDを買う。
赤か白か悩んだけど、白だと汚れが目立ちそうなので赤を購入。
2,940円也。
カシオの純正な製品なわけだけど、サイズがギチギチでカメラを入れるのにギュウギュウ押す感じ。
まぁ、ゆるいとすぐケースからカメラが抜け落ちちゃうからだろうけど。
デジカメケース

赤くってカワイイです(写真はソニーの古いデジカメで撮ったもの。念のため)。

ほぼ日手帳のメモ帳が欲しいので渋谷のLOFTに行くも、
売り切れていた。ガーン。

新宿駅で「ごまたまご」というお菓子を買う。
お土産にふさわしいかどうかチェックするため。
ごまたまご


ところで、次回のシネマヴェーラのプログラムは『大俳優・丹波哲郎の軌跡 - 死んだらこうなった!』
ここ数年上映されていない石井輝男監督の『霧と影』『太平洋のGメン』『決着(おとしまえ)』がニュープリントで上映されます!
必見!
スポンサーサイト

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

17 : 45 : 23 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<溝口健二の『残菊物語』とロメールの『獅子座』を観る。 | ホーム | カシオ EXILIM ZOOM EX-Z1000でマクロ撮影>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/130-cc4fbf68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。