スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『マリー・アントワネット』を観る

本日初日の『マリー・アントワネット』を立川シネマシティで観てまいりました。
何故にはるばる立川にまで行ったかというと、
国分寺の喫茶店「どりっぷ」に行くという目的があったので。

『マリー・アントワネット』さすが初日。満席でした。
おお、何てラブリーな映画なのでしょう
ワタクシ、とっても気に入りました。
砂糖菓子みたいな世界。
イメージとしては、ラデュレのマカロンを入れるボックスのデザインみたい。(わかりますか?)

主演のキルスティン・ダンスト。オーストリア人ぽくて、かつ、はかなげで美しい。
キャストにマリアンヌ・フェイスフルの名を発見。
が、どの人が『あの胸にもういちど』の美少女のマリアンヌでしょう?とわからずじまい。
パンフレットを見て、なんとマリア・テレジア役だという事が判明。
月日の流れは残酷です。

この作品、マリー・アントワネットを愛すべき人物として描いております。
鹿島茂氏の本に書いてあった、身分の順に下着をどんどん渡して一番身分の高い者がマリー・アントワネットに渡す、というシーンがありました。
とにかくポップでカワイイ作品なのですが(そこが評価の分かれるところだと思いますが)、
描かれてないなーと思ったのが、
実際の当時のヴェルサイユ宮殿が臭くて不潔なところだった、ということについて。
トイレもなく、風呂に入る習慣がなかったので、
清潔なオーストリア王室から嫁いだアントワネットは辛かったらしい
(そんなものを描くはずもないけど)。
ポップポップで続きますが、途中、ルソーの「自然に帰れ」をアントワネットが(都合よく)実践するあたりから暗雲がたちこめてきます。
最後ギロチンのところまでやるのか?どうなるのか?と思って観てましたが、
王と王妃がヴェルサイユから連行されるところで、映画は終わります。
やっぱり。

この作品への厳しい批評も見聞きしてましたが、ワタシは大好きです
DVD出たら買います。

帰りにパンフレット(600円)買って帰りました。
マリー・アントワネット


追記:この映画、ラデュレの世界だ!(特にシャンゼリゼ店)、と思って観ましたが、
パンフレットを見たところ、作品中のケーキはラデュレが全面協力したのだそう。やはり。
同じく目を惹いた数々の靴はマノロ・ブラニクによるものだとのこと。
スポンサーサイト

テーマ:マリー・アントワネット - ジャンル:映画

21 : 51 : 47 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<国分寺「どりっぷ」に行く | ホーム | 森彦のコーヒー豆で>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/162-8323047a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。