スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

合羽橋珈琲とカフェ・バッハに行く

今日は、合羽橋道具街とカフェ・バッハに行くために浅草ゾーンへお出掛けしました。
浅草、それは山手線より西に住むワタクシがまず行かない街です。
どんなに観たい映画がかかっていても、劇場が浅草なら、遠いし何となくコワイので絶対に行きません。
そんなワタクシが、意を決して台東区に突入。

地下鉄田原町から合羽橋道具街へ。
目指すはコーヒー関連器具の店ユニオン
ハリオ式V60透過ドリッパーとペーパー2袋200枚分を購入。
次はカリタのナイスカットミルかみるっこが欲しいわん。

少し歩いて、合羽橋珈琲に入る。
エントランス、とてもステキです。
異空間に入る感じ。
合羽橋珈琲1

囲炉裏風大テーブルに通されました。
満席で(行列もできてた)、店内かなりガヤガヤした様子。
鮭といくらの親子せいろをオーダー。コーヒーとアイス付きでランチセット(1000円)。
合羽橋珈琲2

合羽橋珈琲3

コーヒーは、ストロングブレンドをオーダー。
が、出てきたのは、浅くて薄いコーヒー。
萩原珈琲の豆をつかっているときいていたのですが、本当でしょうか??

次に行ったのは、キッチンワールドTDI
ここは品揃えが豊富で、最高に面白いですね。
前から欲しかったマストラッドのスパチュラ(紫をチョイス。630円)、
オクソーのナイロンソフトターナー(630円)、ウェックの容器のプラスチック製フタ(120円)、ハリオ・レンジサーバー360ml(670円)を買いました。
安い。大満足。

合羽橋道具街を北上して、生涯学習センター北というバス亭より循環バス北めぐりんに乗る。
めぐりんは台東区内を走る運賃100円の小型バスです。
車窓から街並を見て思ったのは、建っている建物は古いけど、杉並や世田谷よりも道幅が広くて碁盤の目状に区画整理されていて、整然としているな、と。
建物が低いし、ある意味山の手の住宅地よりもキレイ。風情もあるし。
ちょっと惹かれました。

さて、本日遠路わざわざ浅草ゾーンまで来たのは、コーヒー好きなら知らない人はいないという有名店カフェ・バッハに行くためです。
以前から憧れのカフェ・バッハのコーヒーを味わってみたかったのですが、我が家からかなり遠い上に、山谷のど真ん中にあるという立地から、なかなか行く決心がつきませんでした。
が、ついに気持ちを奮い立たせ、やってきました。山谷に。
北めぐりんの東浅草二丁目というバス亭で降り、徒歩2分程の所に念願のカフェ・バッハはありました。
カフェ・バッハ1

店内は明るく、満席。すごい活気で外とは別世界。
BGMはバッハではなく、ピアノ版「展覧会の絵」でした。
お店の備え付けの雑誌「レコード芸術」を持って、カウンター席に座り、まずはイタリアン・ブレンドとシュルプリーズ(シュークリーム)をオーダー。
お店には若い店員さんが5人もいて、皆キビキビと働いています。
(お店の上にも複数従業員がいる模様)。
体育会系なノリの元気な接客なのですが、ブックオフのように意味不明に大声をあげているのではなく、好感が持てるものでした。
そして、長年飲んでみたかったコーヒーがきました。
カフェ・バッハ2

美味しい。
私が考える理想のコーヒーそのものでした。
絶妙な苦味。苦味が素晴しく心地よく、口の中に広がる…。
うーん。やはりここまで来た甲斐があった。
いっしょにいただくシュークリームは素朴な味わい。
完璧なこの店のコーヒーには自己主張し過ぎないケーキの方が合うと思う。
そういう意味で、よくできたケーキだと感心。
カフェ・バッハ3

BGMが甘美と不安で狂気すれすれなベルクのピアノソナタに変わり(この曲大好き)、
「レコード芸術」のスカラ座『アラーニャ事件』の記事を読み、ますます気分が良くなり、
さてお代わりを頼もうかなと思った瞬間、
男性の店員さんが、お代わりお持ちしましょうか?と声をかけてきた。
何で、お代わりしたいってわかったの?
深煎りが好きであると伝えると、マラウィ・ヴィフヤがおすすめだと言われ、それをオーダー。
今度は、深紅のカップで出てきた。
これまた美味しい。素晴しい苦味。至福の瞬間。
美味しさに納得したので、豆を購入。イタリアン・ブレンドを200g。
ドリップを担当している店員の方にドリップのコツを伺うと、
82~83℃のお湯で抽出するとのこと。
私もそうしてましたよ。

念願かなってついに体験したカフェ・バッハ。
コーヒーが美味しかったのは勿論のこと、ブレンドが450円という値段設定もいいと思うし
(コーヒーは日常のものだ!)、
何よりも、サービスのきめ細かさに感心。
帰り際席を立ち、お店の雑誌を戻そうと、カウンターの上の雑誌に手をのばすその前に、女性の店員さんがそばに来て「雑誌を戻しておきます」と言ってくる絶妙なサービス。
驚いた。
最初、店員さん全員で大きな声で「いらっしゃいませー!」と発するのにちょっと驚いたけど、こういう細かいサービスを受けると、単に機械的に言っているではないのだな、とわかる。
本当に、わざわざ山谷まで行って良かった。
カフェ・バッハのコーヒーを飲むために、また山谷に行きたい、と思った。

山谷という地域にあることで、カフェ・バッハに行きたいと思いながらも躊躇されている女性の方もいると思いますが、今日歩いてみた限りでは、明るい時間帯であれば特に危険ということはないと思います。
むしろ、うら寂しい感じ。
オジサンというよりもオジイサンが、ヨロヨロと歩いていたり座っていたりするのが目に入りますが、別に危害を加えてくるわけでもありません。
道中、1泊2200円と書いてある宿が散見するのが、他の街と違うところ。
歩くのが嫌な方は、浅草を通っている北めぐりんに乗り、東浅草二丁目で降りるのがいいと思います。
帰りは、泪橋(昨年観た映画『泪橋』の舞台だ)を通り、南千住に向かいましたが、こちらもオジサンとすれ違うだけで、閑散とした風景。
時代が変わったのでしょうか。
徒歩7~8分ぐらいで地下鉄南千住駅です。
途中、えらく昭和な喫茶店「純喫茶エール」(「純喫茶」!)があり、
ひどく気になりましたが、
それはまた今度。
内装やディスプレイがモロ昭和40年代です(推定1965~68年)。
南千住
スポンサーサイト

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

22 : 46 : 31 | コーヒー | トラックバック(0) | コメント(11) pagetop
<<コーヒー講座に行く | ホーム | F.ヴンダーリヒの世界>>
コメント
目の前にはインスタントの珈琲…
いつも楽しく読んでいます。最近は美味しい記事も多くて、嬉しい限りです。
今日の朝日新聞の夕刊に大きく「カフェ・バッハ」の記事が載っていました。
「銀座に店を広げるより、この山谷を銀座にしたい、と思っている」と記事が締めくくられていて、チョット足を運んでみようかしらと思わされましたヨ。
by: 貧乏贅沢 * 2007/02/19 22:28 * URL [ 編集] pagetop
貧乏贅沢さま
こちらこそ、ブログいつも拝見させて頂いております。

そうなんです。
今日の朝日新聞の夕刊に、カフェ・バッハの記事が大きく出ていて驚きました。
親に山谷の喫茶店に行った、と言ったら驚かれたのですが、記事を読んで、納得したようです。

山谷という場所柄からの苦労も色々あったと思いますが、ロケーションの特殊事情を超えて、素晴しいお店にし、それを保つ店主の高い意識に敬意を感じました。
浅草の劇場に行き、カフェ・バッハに寄る、というのもありですね。
by: リネン * 2007/02/19 23:17 * URL [ 編集] pagetop
朝日新聞見ました。
こんばんはー。
私も今日の朝日新聞の記事読みました。
リネンさんのコーヒーに関するいくつかの記事をこのところ読んでいて、「うーむ、コーヒーもゆっくり楽しみたいなあ」と思ってたところなんですが、(私はどっちかというと普段はお茶派なんです)リネンさんのこの記事と、朝日新聞の記事読んでてカフェ・バッハに行きたくなってきました。今度浅草行ったら足を伸ばしてみようかな。
あ、ちなみに浅草の映画館は去年1箇所勇気を奮って観にいってきました。ええ、アマチさん観るためです(^^;。
by: なべら * 2007/02/19 23:31 * URL [ 編集] pagetop
なべらさん。今晩は。
浅草からなら「北めぐりん」で100円でバッハ近くまで、行けますので、オススメです。

浅草の映画館はキレイなのでしょうか?
それとも昔あった武蔵野間昭和館や文芸坐のようなレトロな劇場なのでしょうか?
オールナイトなどもやっているようですが、ちょっとビビっています。
by: リネン * 2007/02/19 23:43 * URL [ 編集] pagetop
こんばんはー。
カフェ・バッハは「北めぐりん」ですね。了解です!
それから、浅草の映画館は「浅草名画座」へ行きましたが、レトロ系でしょうか。(行ったことはないのですが、話に聞く昭和館に似た雰囲気なのかと思われます)JRAの場外馬券売り場がご近所にあるためかロビーに競馬の結果表が掲示されていたりします。
「浅草新劇場」はまだ未踏の地です。大映好きとしてはラインアップが魅力的なんですけどねえ。
by: なべら * 2007/02/20 22:48 * URL [ 編集] pagetop
競馬?
なべらさん。
レポートありがとうございます。

劇場のロビーに競馬の結果表、ですかぁ・・・。
さすが、浅草。
浅草名画座も浅草新劇場も往年のプログラム・ピクチャー好きには、堪らない番組表ですね。
支離滅裂な組み合わせも浅草らしい。

今度、頑張って浅草の劇場デビューしてみようと思います。
by: リネン * 2007/02/21 07:55 * URL [ 編集] pagetop
追記
成瀬作品や、若大将シリーズなど上映していた浅草東宝がクローズしてしていたと今知りました。

こうなると、まだある浅草の劇場に今のうちに行っておかないといけないですね。
by: リネン * 2007/02/21 08:42 * URL [ 編集] pagetop
浅草東宝!
連続書き込み失礼します。
「浅草東宝」は、私も行ってみたかったです。邦画のプログラムピクチャーにはまったのが去年の春なので、クローズには残念ながら間に合いませんでした。
そのうち、機会がありましたら浅草の映画館鑑賞ツアーでもやりましょうか。
あ、ところで「孤独の賭け」が4月からTBSでドラマ化されるそうですよ。
by: なべら * 2007/02/21 22:34 * URL [ 編集] pagetop
いいですね。
浅草という魔界へのツアー、いいですね。
浅草の映画館絶滅の前に開催しますか。

ところで、20,000ヒットおめでとうございます。
ワタシかな、と思って訪問したら20,001番目でした。
残念。
by: リネン * 2007/02/21 22:44 * URL [ 編集] pagetop
感謝
とてもうれしいブログでした。素晴らしいコメント仲間をお持ちですね。
最近山谷は、お散歩やサイクルのコースになっていて、ずいぶん遠くからお客様がみえます。
これからも応援よろしくお願いします。
by: Cafe Bach 店長 * 2007/03/04 23:13 * URL [ 編集] pagetop
Cafe Bach 店長さま
コメント有難うございます!
カフェ・バッハ、遠くから電車に乗って行く価値のある素晴しいお店でした。

次回カフェ・バッハにコーヒーを飲みにいくついでに、映画や観光など浅草めぐりをしたいなーと思っていたところです。
近いうちに、また飲みにいきます。
by: リネン * 2007/03/04 23:24 * URL [ 編集] pagetop

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/183-2732d803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。