スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

鈴木英夫監督『蜘蛛の街』

チャンネルNECOの「その場所に映画ありて~監督:鈴木英夫の世界2」、本日は『蜘蛛の街』(1950年)を見ました。
鈴木英夫ファン必見の一作。
この作品は大映時代の作品。
(というか、今日この作品を見るまで鈴木英夫が大映出身であることを知りませんでした)
まず、始まってすぐけたたまし変拍子の音楽が始まり、この音楽まるで『ゴジラ』じゃないのと驚いていると、音楽は伊福部昭でした。どうりで(『ゴジラ』は1954年)。
戦後の混乱期、皆まだ貧しかった東京の街中でロケをしていて、
当時の風景が非常によく映っています。
作品冒頭、まず事件が起き、数寄屋橋にあった朝日新聞社が写り、次に渋谷職安が写り、職を求めている宇野重吉が写るところで、もう鈴木英夫の魅力が十分に伝わってきます。
後の『彼奴を逃すな』と同じように、貧しいけれども非常に愛情の深い若夫婦が犯罪に巻き込まれる、というパターン。
『彼奴を逃すな』と同じように悪党に追いかけられるシーンが秀逸で、
たとえば家族で多摩川園に行き飛行機の回る乗り物に乗っていたところ、クルクル回っている途中で後をつけている悪党二人に気づく場面、
それからその直後、川沿いの土手を歩く夫婦の間からカメラが悪党を撮るシーンなど、ハッとするところが散見。
監督2作目にして、鈴木英夫はスゴイです。
そして恐怖のあおり方はその後の作品でより進化するのです。

音楽に関して、意外なところに「エリーゼのために」をつかっていて面白いなと思ったのですが、緊張が高まるシーンでの伊福部昭の打楽器を叩き鳴らす音楽がうるさい。
もっと静かに恐怖をあおる方が洗練されていると思う。

ともあれ、鈴木英夫のただならぬ才能がよくわかる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 47 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<札幌の美味しいコーヒー店めぐり その4 | ホーム | 札幌の美味しいコーヒー店めぐり その3>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/238-9b0f8463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。