スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『宇能鴻一郎の濡れて打つ』『オリオンの殺意より 情事の方程式』

就業後、シネマヴェーラに行きロマンポルノを鑑賞。

金子修介監督の『宇能鴻一郎の濡れて打つ』。
TBS『うちの子にかぎって…』と並ぶ2大1984年吉祥寺ドラマ。
子供の頃テレビで見たアイドル主演の学園ドラマそのままだなぁと。
他のロマンポルノ作品よりもセックスシーンの頻度が多かった気がする。

根岸吉太郎監督の『オリオンの殺意より 情事の方程式』。
脚本いどあきお。
とても面白かった。おおっと思うところが所々にあり。
例えば、継母と愛人が父親を殺す直前に行うセックス・シーン、
二人がこれから殺人を実行するというただならぬ興奮状態の中、激しいセックスとプログレ風の激しい音楽の融合でスクリーンが爆発しそうで、スゴイなと。
対照的に、主人公の男の子と亜湖が川沿い(神田川?)の部屋でセックスしているとき、川の音がずっとしていて、とても印象的。
色々な作品のセックス・シーンでの音楽(もしくは音)に注目すると面白そうです。
(『牝猫たちの夜』の3Pのシーンで流れるグレゴリオ聖歌とか)
そうそう、『牝猫たちの夜』で流れていた音楽が、一部この作品中でもつかわれておりました。
ロマンポルノの音楽は使いまわしが多いのでしょうか?
先日書いたように『エロスは甘き香り』の音楽は『(秘)色情めす市場』につかわれていたし、『白い指の戯れ』の曲の一部は東映の『徳川セックス禁止令 色情大名』でつかわれていたし。
話は 『オリオンの殺意より 情事の方程式』にもどりますが、二人の女優のカラダがとても美しかった。顔についてはノーコメントですが。

本日の上映、最終回の女子の人数は4名のみでした。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(2) pagetop
<<『(秘)女郎市場』『花芯の刺青 熟れた壺』『鍵』 | ホーム | 『エロスは甘き香り』>>
コメント
楽しい特集ですよね。
私も通っております。ちなみに、その4人の中に入っております(笑)
リネンさんの感想は、音楽について詳しく書かれているので新鮮です。確かに、愛人と継母のセックスシーンでの音楽は印象的でした。昨日観た「暴行!」では松田優作の「ある子供の話」が使われていたりして、不思議な感じでした。
by: kobutatoahiru * 2007/06/07 05:00 * URL [ 編集] pagetop
kobutatoahiruさん
昨晩同じ上映時にシネマヴェーラにいらっしゃいましたか。
私は中央ブロックの一番後ろの列に座って観ていました。

映画を観るときは、いつも音楽が気になります。
音楽が良ければいい作品に思えるし、逆に音楽の出来が悪いと、作品の印象も悪くなります。

ロマンポルノの音楽は前衛的、アーティスティックな傾向があるかな、と思います。
「暴行!」の松田優作の歌、気になります。
『暴行!』は見逃しました。
次は10日の『㊙女郎市場』などを観に行く予定です。
by: リネン * 2007/06/07 22:20 * URL [ 編集] pagetop

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/252-c9c1d8a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。