スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『(秘)女郎市場』『花芯の刺青 熟れた壺』『鍵』

シネマヴェーラで、ロマンポルノ三本立てを鑑賞。

曽根中生監督。『(秘)女郎市場』。
原作は荒木一郎で、脚本は田中陽造です。
楽しい作品。
最初のタイトルが出るところ、おかしい。
ラストの、青空の下、背丈まである草木の中でのセックスのシーン、美しかった。

小沼勝監督『花芯の刺青 熟れた壺』。
撮影森勝。
これは傑作ですね。
もう始まったところで、これは間違いないなと確信。
音楽もダイナミックで躍動感があっていい。
素晴しいところは挙げればきりがないのですが、
例えば、谷ナオミが漆黒の長い髪をとくシーンがアップで映った後に、
坂道で谷ナオミと中丸信が白い服で出会うシーンにかわり、
黒から白の大胆な変化にハっとする。
70年代の雑誌「太陽」的世界。
1980年の資生堂の長編コマーシャルにもこういうテイストのものがあったよな、と。
これだけ一つの世界観で、極限の緊張感が最初から最後まで続く素晴しさ。
素晴しかった。これはDVD買わないと。

神代辰巳監督『鍵』。
主演の観世栄夫が一昨日亡くなったばかり。
上映予定の『ラブホテル』がフィルム状態不良のため番組差し替えになり、奇しくも『鍵』が観世氏の追悼上映となってしまいました。
しかし『鍵』が追悼上映になるとは。
『鍵』は繰り返し映画化されていますが、気になるのはティント・ブラスの。
本作の妻役の荒砂ゆきが好みじゃない。
谷崎の妄想変態世界を見事に表現した作品。
突然の「ジョン・レノン」に場内爆笑。

本日上映の3作品のうち2作品が男の腹上死→ラストでした…。
男のロマンなのか、腹上死。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<川島雄三監督『夢を召しませ』 | ホーム | 『宇能鴻一郎の濡れて打つ』『オリオンの殺意より 情事の方程式』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/253-22ac2f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。