スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『傷だらけの男たち』

今日水曜日はレディース・ディ。
会社帰りに武蔵野館に行き『傷だらけの男たち』を観ました。
劇場で偶然、同じ会社の方2名に会いました。
劇場は、妙齢の女性で満員。

同じ監督の『インファナル・アフェア』を初めて見たのは、
香港は灣仔にあるゲイのカップルが多数住む通称『ゲイ・マンション』の中にあるゲイのカップルのお宅に招かれた時で、結構本格的なプロジェクター・システムによるDVD上映で、ゲイのカップルがイチャイチャする隣で、英語字幕を必死に読みつつ観ました。
その後の日本公開の際は生トニー・レオンみたさに有給をとって東京国際フォーラムでの上映に行き、日本語字幕での上映にありつけたわけですが、香港で見たときの印象や邪念が映画にこびりついてしまい、その後も『インファナル・アフェア』が好きなうちのママさんと一緒にDVDを見たりもしたのですが、『インファナル・アフェア』=ゲイのイチャイチャとワタシの中では条件付けられてしまいました。

そんな与太話は置いておいて『傷だらけの男たち』、
ワタシ、小手先のスタイリッシュさばかりにこだわった映画は好みではないのですが、
無茶苦茶好きな香港とトニー・レオンが出ているので、細かいことは気にしないようにしようと思いつつ鑑賞。
いやぁ、魅力的に撮れていましたよ、香港が。
トニー・レオンさんは、なんか小さなオジイサンみたいにまとまっていました。
あと、トニーさん、キスがとてもお上手なんですね。『恋する惑星』でも凄いテクニシャンだと思いましたが、本作でも業師ぶりを披露しておりました。
男性諸君はトニーさんのキスシーンを見て勉強するべきです。
ま、そんな気分で観ていたのですが、あえて言わせてもらうと、脚本が弱いです、どうにも。
「刑事コロンボ」方式で最初からトニー・レオンが犯人であることを観客に明かしているのですが、それだと相当脚本がしっかりしてないと観客を最後までハラハラ・ドキドキさせられないと思うのですが、この点上手くいってない。
だったら、トニーさんの抜群の演技力でトニーさんの影の部分、恐ろしい部分を強調するという手もあったと思うのですが、キャラクター設定が今ひとつ中途半端で、トニーさん、演技力発揮出来ず、作品自体も物足りない印象。
映画観ていて猛烈に香港に行きたくなったという点では楽しかったです。
広東語のセリフのヒアリングもまだ少しできたので、自信が出てきて、香港行って広東語をしゃべりたいぞと思ったり。
小さくなったトニー・レオンさんが結構心配ではありましたが。
スポンサーサイト

テーマ:★傷だらけの男たち★傷城/CONFESSION OF PAIN★ - ジャンル:映画

23 : 45 : 19 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<『人も歩けば』『裏切りの季節』『わが心のジミー・ディーン』 | ホーム | オール・デイ・アルトマン『ウエディング』『ギャンブラー』『ボウイ&キーチ』『BIRD★SHT』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/280-7294f98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。