スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『ずべ公番長 東京流れ者』

先日シネマヴェーラで観た『ウルフガイ 燃えろ狼男』がまさに自分好みの映画だったので、今後は山口和彦監督作品はなるべく観なきゃと思い、今日はラピュタのレイトで『ずべ公番長 東京流れ者』を観ました。
(フィルモグラフィーをみると、これまで観た山口和彦作品は『怪猫トルコ風呂』、そして『ウルフガイ 燃えろ狼男』のみ)

『ずべ公番長 東京流れ者』は「ズベ公番長」シリーズ第2作目で1970年の作品。
話にひねりがなくても、ギャグが滑りっぱなしでも、最後まで楽しく観られるのは、どのショットも的確で、たまにオオっと驚くような斬新なショットもあって、華麗なカメラワークを観ているだけで面白いからです。
例えば、テキヤの女親分ガセ寅蘭子が墓場で刺客に襲われる場面、刺す瞬間を俯瞰で撮っていて、刺された直後グーっと俯瞰のままロングになるショット。これには参りました。
原色を多用した美術も斬新でシャープで、このセンスは後の『ウルフガイ』に通じるものがあります。
最後、殺されたガセ寅蘭子の敵討ちでズベ公たちが殴り込みに行く場面、ズベ公たちが赤いトレンチコートを着てズラーっと並びチューインガムを食べ夜道を歩く、というのは相当凝ってますね。成功しているかどうかは微妙だけど、とても斬新でした。
渡瀬恒彦、出番は少ないけど、いい役でした。
主演の大信田礼子は佐藤江梨子にソックリですね。何だか佐藤江梨子の主演映画を観ている気分になりました。

来週の『ずべ公番長 はまぐれ数え唄』もいいショットを見つけに観に行く予定です。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<アメリカ人が店主のラーメン屋に行って、『壁男』を観た | ホーム | 『にっぽん´69 セックス猟奇地帯』 >>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/323-c6a4795c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。