スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『新宿泥棒日記』

就業後、東京国際映画祭で『鐵三角』を観たいなぁと思いBunkamuraに向かう途中、駅方向に歩いてくるNさんに遭遇し、もう当日券ないよ、と教えられる。ガーン。
ということで代わりに大島渚の『新宿泥棒日記』を鑑賞。
若い、というか青いですねぇ。映画も出演者も。
横尾忠則、これまでも写真に写っている姿を見てフォトジェニックな存在だと思っていたけれど、映画の中で演技したり話をしたりしている横尾忠則を観てやっぱり被写体になるべき人物だなぁと思いました。
顔もいいし、目もいいし、物腰もいい。
佐藤慶(サディスティックでカッコイイ!)と渡辺文雄コンビが相当ヘン。
ところで、横尾忠則が紀伊国屋書店で万引きすることからこの映画のお話が動き始めるのですが(盗む本がジャン・ジュネの「泥棒日記」とかバタイユとかで頑張ってる感が満載。この映画のタイトルもジュネから取ったのかな?)、紀伊国屋書店で本を万引きするシーン、これまでワタシが観た中では『白い指の戯れ』『マノン』にもありました。
他にもあるのかしら?
なぜ映画の中で紀伊国屋書店での万引きが繰り返されるか?
『新宿泥棒日記』の影響から?店が撮影に協力するから?(万引きなだけに他の大手書店だと撮影お断りなんだろうなぁ)
『新宿泥棒日記』、他の方のご指摘にもある通り中島貞夫監督の『にっぽん'69 セックス猟奇地帯』と兄弟のような作品で、今回たまたま2作品を期間を置かずに連続して観ることができ幸運でした。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<『やっちゃ場の女』 | ホーム | 『ずべ公番長 ざんげの値打ちもない 』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/335-0a88a7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。