スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『仁義なき戦い』『狼と豚と人間』『刺青』

朝起きたら、両手が小刻みにブルブル震えいて、死ぬ前のブレジネフ書記長みたい。
色々な薬をいっぱい服用しているためでしょうか。
これじゃまるでアル中患者だ、こんなに手が震えてたら人の目が気になるなぁと思いつつ(ワタシはアルコールを常用しません)、シネマヴェーラの深作欣二特集の初日・初回に参上。
お客さん、少ない。
まぁ、もうみんな、観ちゃっている作品だからねぇ。

『仁義なき戦い』。
最後に観てからあまりに歳月がたっているので、今回シネマヴェーラのスクリーンで再見。
奇跡的な名場面、名台詞の数々。

『狼と豚と人間』。
この作品も中野武蔵野ホールで観ていて、渋谷駅のコンコースでのブツの略奪シーンが印象に残っておりますが(渋谷駅、64年当時からそれほど変わっておりません)、今日再見して、ジャズ喫茶のロケ地が百軒棚であることも確認できました。
三國連太郎が登場する場面でながれるジャズギターがかっこいいっす(音楽・富田勲)。

ラピュタに移動して、曽根中生監督の『刺青』を鑑賞。
脚本家Nさんの日記で、この作品が大変デキが悪いということは知っておりましたが、ラピュタのメール・マガジンを読んだら、阿佐ヶ谷のスターロード商店街が映っているとのことなので、当時の阿佐ヶ谷を目当てに観ました。
こりゃ酷い。
何もかも酷いけど、一番最悪なのは脚本。
「展覧会の絵」をシンセでダサく演奏した音楽が流しておりましたが、そんなもの流してもダメなものはダメ。

お目当ての阿佐ヶ谷スターロード商店街は2カットありまして、主演の伊藤咲子がゲームセンターから外に出るとそこは、スターロードでした。
ディンドンとかいうゲームセンターで、隣は杉山商事(阿佐ヶ谷によくある不動産屋さん)で、向かいに数年前まであったお弁当屋さんも映っておりました。
映画の帰りチェックしたのですが、いまは牛角があるビルの右隣の建物が例のゲームセンターがあった場所ですね。

それにしてもヒドイ作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<『仁義なき戦い 広島死闘篇』『軍旗はためく下に』『瘋癲老人日記』 | ホーム | 『ゆきゆきて、神軍』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/381-3a81f7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。