スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『仁義なき戦い 完結篇』『いつかギラギラする日』

シネマヴェーラでの深作欣二特集。
『仁義なき戦い 完結篇』『いつかギラギラする日』の2本を鑑賞。

『仁義なき戦い 完結篇』、初めて観ました。
脚本が笠原和夫ではなく高田宏治なので、一部の仁義なきファンから軽んじられている作品みたいですが、いい作品じゃないですか。
松方弘樹が死ぬシーンとか、宍戸錠のタクシー乗車シーンとか、最高でしたよ。

仁義なきシリーズ、作品の質を保ったままわずか2年間に5作つくったというのは凄いことだなぁと改めて認識いたしました。

次に『いつかギラギラする日』。
荻野目慶子が顔も身体も醜い。声もうるさい。
萩原健一が「札幌のオジサンから電話があってさ」(だっけ?)とか言うと、多岐川裕美が「ちょうど函館の別荘を借りようと思っていたの」と答える場面があって、札幌と函館ってめちゃくちゃ離れてるじゃんと驚き、更に函館在住の木村一八が何故か室蘭の暴力団に金を借りている設定に、ありえんと突っ込む。
製作協力・堤康二とクレジットされていたのにも時代を感じましたね(別荘は函館大沼プリンスのコテージに見えたけど、義明じゃなくて清二の長男の康二が関係していたのかぁ)。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<『新仁義なき戦い 組長最後の日』『人斬り与太 狂犬三兄弟』 | ホーム | 『資金源強奪』『仁義の墓場』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/389-df4192b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。