スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

「驟雨」と杉野英実さん

NHK BSで成瀬巳喜男監督の「驟雨」を見る。
劇場で何度も観た作品なのだが、会話の面白さにどんどん引き込まれ
テキトーに見るつもりだったのだが、じっくり見てしまった。

成瀬の傑作ぞろいの作品群の中では凡作だと思っていたが、
ところがどっこい。ウーンと唸る。
この作品の素晴らしさを見逃していた。

肉体派女優(?)時代の根岸明美が出てくのが今見るとおかしい。
1956年当時の小田急線の梅ヶ丘駅とその商店街、住宅地が見られる。
最後、紙風船を原節子・佐野周二夫妻が打ち合うシーンが謎だったのだが、
今日見てよーくわかったぞ。
原節子は腰をすえてバンバン打っているのに、佐野周二はフラフラ。
ふふふ。

「驟雨」を見終わって、NHK総合にチャンネルを変えると
パティシエの杉野英実さんを特集している「プロフェッショナル」という番組に
目が釘付けになる。
「『味を飛躍的に高めるための裏技などない』・・・おいしいお菓子を作るためには、地道な作業を、手を抜かずにやるのが必要だ」…
軽く感動。
不覚にもこの有名なパティシエを存じ上げませんでした。
さっそくググると、いつも通っているフィルムセンターすぐ近くに
お店があるじゃないですか。
絶対に今度行かねば。

私にとって、大好きな、何度も行きたい飲食店って
初めて行った時、ピーンときたり、感動したり、
胸がときめいたり、幸せな気持ちになったりするかだな。
そういう何かがあるお店。
まず店構え。お店を見て、入っただけで、だいたい決まる。
それで実際に食べてみて、そこの味に感動すればもう決まり。
ファースト・インプレッションが確信となる。
初めて行って体験した感動は、何度行っても私の中で変わらない。
だから、何度も通う。
でもお店側の、お客を喜ばせたいという気持ちが下がったのを
感じると、
とたんに興味がなくなる。
ビジネスなのだから商業路線でもちっとも構わない
重要なのは、お客を喜ばせたい気持ちが強いかどうか。
それにつきる。

これは飲食店に限らない。

何度も通いたいお気に入りのお店をいくつも持っている私は
シアワセだな
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

22 : 42 : 12 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<成瀬の「妻として女として」 | ホーム | 今年こそ英語をやるぞ!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/41-7109edb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。