スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『彼女について私が知っている二、三の事柄』『はなればなれに』『左ききの狙撃者 東京湾』『野獣狩り』

朝、駅のプラットホームで電車を待っていたら、外国人男性が英語で「新宿までどのぐらいかかりますか?」と訊いてきたので、親切心から10分ぐらいと答えたところ、その男性(インドからきたばかりと言ってた)、新宿に着くまでずーっと口説いてきて、「外国人と日本人の男性、付き合ってみて、どちらが良かった?」とまで訊いてきた。
外国人男性と付き合ったことないから、わかんないよ!と答えました。
「これからどこに行くの?」と訊いてきたので、「今日は彼氏と映画を観に行きます」と答えましたよ(当然ウソ)。

で、たどり着いたのは早稲田松竹。ゴダール2本立て。
まず『彼女について私が知っている二、三の事柄』。
最近、団地映画が続いております。これはジャン=リュック・ゴダール版『団地妻 昼下りの情事』。
結構面白かった。
売春宿など団地の壁に航空会社のポスターがいっぱい貼ってあって、JALの異国情緒ただようデザインのポスター(上村松園の絵だったり)が印象的でありました。あと、パンナムとTWAのバッグを頭に被ったり。
主人公の主婦の息子が読む作文が最高。フランス人は子供でも大人だ。

次に『はなればなれに』。
ミシェル・ルグランの曲が流れると激しく胸騒ぎしてしまいます。

下北沢に移動。
自然食レストランでカレーを食べ、気流舎でコーヒーを飲み、シネマアートンへ。

まず、野村芳太郎監督の『左ききの狙撃者 東京湾』を鑑賞。
昔の東京がいっぱい映っているということで、ずっと観たかった作品。
タイトルは「東京湾」とだけ出てました。
冒頭の空撮で日比谷、銀座、築地が映り、高島屋近辺、浅草松屋の屋上、立石の下町の飲み屋街などで色々な場所でロケしておりました。
62年の作品ですから、立派でキレイになる前の東京です。
最後、お化け煙突をバックに荒川のボート小屋が映したショットがいいなと思いました。
突っ込みどころもありましたが、「その男の職業、刑事」という特集にふさわしいストーリーでありました。
全体的に『砂の器』を彷彿させらる作品でした。

そして須川栄三監督の『野獣狩り』。
去年東京映画祭で観て、大感動し、その日から藤岡弘の虜になりました。
あまりに傑作だったので再見。
場内満員。すごい熱気の中、セクシー・ダイナマイト藤岡弘を堪能いたしました。
藤岡弘、無意識になのかフサフサしたモミアゲ(右側)を始終触っていて、イヤ~ン、セクシー。
この作品、去年劇場で観た後も、録画物でも見ましたので、今日が3度目の鑑賞で次にどういうシーンがくるのかわかっているにもかかわらず、観ていて血圧が上がりました。
特に、警備員の原口が藤岡弘にバリケードを蹴って、日比谷でタクシーに乗り、藤岡弘から逃げようとする驚異のロング・ショット!奇跡!
俳優もスタッフもとにかく凄い。

以前の日記に作品の感想を書きましたので、今回は割愛いたしますが、再度、藤岡弘によるこの作品についての解説を載せておきます。
http://forest.kinokuniya.co.jp/CngSpe/269
東宝の最高のスタッフが結集し、伴淳三郎さんと共演させていただき、一番熱くて一番燃えた、思い出の主演作です。木村大作さんという名キャメラマンのデビュー作でもあります。私が演じているのは型破りな若い熱血刑事。タクシーで逃亡する犯人の追跡場面が圧巻です。日比谷の東宝の映画館のあたりから日比谷警察まで。タクシーに乗り込んだ逃走犯と並走する形で、手持ちキャメラでバイクの後ろに乗り、私の全力疾走をワンカットで撮り続けています。40階建てビルの屋上を飛び移るカット、実弾の散弾銃が打ち込まれるエレベーターに紙一重で飛び降りるカット、全部スタントなしです! ビルから人質を逆さ吊りにする場面をゲリラ的に撮ったら、本物のパトカーや消防車が駆け付けてきて、それをそのまま撮影してさあ(笑)。映画作りに対する真剣さが、今とは全然違うんだよねえ…。

事件現場は東宝ツインタワー・ビル(今は亡き三信ビル隣)。
http://www.toho-re.co.jp/project/twin_tower.html
現在はツイン部分に富士電機の広告塔が付いたので、ちょっと印象が変わっております。
69年竣工のビルなんですね。検索すると『野獣狩り』以外も東宝作品に登場しているようです。
劇中、ツインタワービルからはす向かいの日劇が何度も映っておりました。

映画が終って、八重子さんと藤岡弘の魅力についてヒーヒー言いながら帰りました。
ワタクシ、藤岡弘を観ただけで妊娠しそうです。
オトコもオンナもシネマアートンへ!
『野獣狩り』、大傑作です!
野獣死すべし-復讐のメカニック、野獣狩り野獣死すべし-復讐のメカニック、野獣狩り
(2007/08/25)
映画主題歌、村井邦彦 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

23 : 59 : 59 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) pagetop
<<小沼勝監督トークショー。『紅の翼』『昼下りの情事 古都曼陀羅』『犯す!』 | ホーム | 『接吻』>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/440-9972b262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。