スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

東陽一監督作品「マノン」

荒木一郎の出演作を見られるだけ見ていこうということで、
今日は、東陽一監督作品「マノン」をビデオ鑑賞。

当時人気絶頂だった烏丸せつこ主演ですよ。ナイス・バディー。
烏丸せつこが、荒木一郎→津川雅彦→佐藤浩市と次々と男を変えていく(というか同時進行)の物語。

荒木一郎は、烏丸せつこの同棲相手のイヤミーな劇団の教師役。
二人が住むアパートが西武新宿線沿線というのがリアル。

津川雅彦は新宿の「四季の道」にある公衆トイレで、烏丸せつこを待たして用を足しますが、
そのトイレでは偶然にも兄の長門裕之も藤田敏八の「バージン・ブルース」に若い娘(秋吉久美子)と会うシーンがありましたね。

佐藤浩市が若い!青い!
地方の大学生の佐藤浩市は烏丸せつこに出会ったために、
宛所もなく東京に出て来て、大学を休学し、万引きをし(またもや新宿の紀伊国屋書店でロケ。「白い指の戯れ」と同じ)、
コンビニで窃盗をしたりで、道を踏み外します。
津川雅彦は彼女のために最後命まで落とします。
魔性の女です。マノンです。

笑っちゃうのが、名作アンリ・ジョルジュ・クルーゾーの「情婦マノン」の有名な、
砂漠でマノンの死体を担ぐシーンを佐藤浩市と烏丸せつこがそのまま演じるているところ。
レンタルビデオのパッケージの裏にそのシーンの写真があって、
どういうストーリー展開で砂漠で烏丸せつこの死体を担ぐのかと思ったら、
なーんだ、という感じ。

烏丸せつこに翻弄され、津川雅彦と佐藤浩市はひどい目にあいますが、
荒木一郎は比較的軽症で済んだようで何より。
主題歌は荒木一郎の「Big Birdを待たないで」です。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 31 : 23 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(1) pagetop
<<ラピュタに荒木一郎氏ご本人登場!! | ホーム | 石井輝男監督「異常性愛記録ハレンチ」。恐怖・変態人間!>>
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2011/10/05 13:48 * [ 編集] pagetop

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/77-39e019f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。