スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 pagetop

『無頼平野』と『吸血鬼ゴケミドロ』

ここ数日ひどい腰痛に悩まされています。
家事が出来ない状態。
ずっと座ったままになる映画鑑賞は腰痛に悪く、
ここ数日劇場に通えなかったのですが、
今日は決死の覚悟で劇場2館へ。

まず、シネマヴェーラの石井輝男監督作品『無頼平野』。
プリントが現存するものでは、数少ない石井監督の未見作品。
石井ファンには嬉しい楽しい一作でした。
昔の新東宝作品『肉体女優殺し 五人の犯罪者』とよく似たスタートで物語が始まります。
昭和30年らしい摩訶不思議な空間を舞台に、レビューあり、エロあり、グロあり、
つげ的幻想的エピソードあり、いかがわしい街並みありの娯楽作。
ヒロイン岡田奈々が出演するカジノ座という劇場の外観として
池袋の旧・文芸坐が映し出されたとき思わず、
ワーっと一人声を出してしまいました。
懐かしい。
血液銀行のシーン、佐野史郎のベッドシーンとか面白かった。
(佐野史郎といえば、以前下北沢の映画館で並んでいたら、
私の後ろに佐野史郎が並んだので、そのことを当時のカレに自慢したら、
そのカレに「映画館で、ボクの入った後のトイレに佐野史郎が入ったことあるよ」言われ
完敗したことがありました)
で、『無頼平野』の後半、あの吉田輝雄が登場。
吉田輝雄といえば、二枚目なだけの不器用な演技をする人というイメージでしたが、
すっかり貫禄がつき、渋い演技派になっているではありませんか。
吉田輝雄を観られただけでも価値がある映画だった。
(そして由利徹も!)

もう1本の『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』は、
新・旧文芸坐で何度も何度も観たので今回は割愛して劇場を出て、
帰りに百軒店の喜楽で中華麺を食べる。
もうオッサンの行動パターンです。
壮年の男性客が帰った後、店のオバアサンが
「浅間山荘事件の時さぁ、今のお客さんと一緒に店でテレビ見てたよー」と言ってました。
さすが老舗店。言うことが違います。

高円寺に移動。
新星堂が「大人のためのレコード屋」とのコンセプトでオープンさせた新星堂高円寺レコードという店に行く。
BGMは南こうせつの『荻窪2丁目』。
「主に1970~80年代を切り取った日本のフォーク/ロック/ニューミュージック/
歌謡曲、及び同年代洋楽ロック&ポピュラー中心の品揃え」
とのことですが、店舗面積の関係もあるでしょうが、
品揃えが中途半端なのです。
普通の大型店にも置いてあるベスト盤なんかが中心で、何だかなぁと思いながら見ていたら、
男性に「NHKですけど、今フォークの取材してまして、フォーク聞きますか?」と声をかけられた。
「いや、聴かないですねぇ。」と私。
「昨日、かぐや姫が再結成して、つま恋でコンサートやったの知ってますか?」
「ええ、何かで聞きました。」
「フォークのこういうアーティストの人達の名前知っていますか?聞いたことありますか?」とNHK氏。
「名前はみんな知ってますし、聞いたこともありますけど…。
私、荒木一郎さんのファンなんです。」と答えると、
「ほう。荒木さんのどこが好きですか?」
「そうですねー。才能があって、ワルっぽいところが…」と私。
「良かったら、荒木さんのどこが好きか、カメラの前で話してくれませんか?」とNHK氏に言われるも、この姿で全国放送に映りたくないので遠慮させていただきました。

そしてラピュタにて『吸血鬼ゴケミドロ』を観る。
今日2本目の吉田輝雄出演作。
キャー、吉田輝雄、スリムで背が高くて足長くてカッコイイー、と思いました。マジで。
ツッコミどころ満載の松竹SF映画。
必見。
(以下ネタバレあり)
タランティーノが影響を受けたとかいう不気味な夕焼けの色で映画は始まり、
嫌が応にも、気分は盛り上がります。
冒頭からチープな特撮の連続。
機内サービスの飲み物の色や、鳥の血の色が赤というより赤紫で不気味です。
不時着した旅客機の生存者10名のキャラの濃さが凄くて、
そのキャラの濃い生存者達がエゴむき出しで、生き残ろうとするのがこれまた凄い。
で、最後に生き残った吉田輝雄と佐藤友美の美男美女二人が、
生き延びようと野山を走り、やっと高速道路の料金所の前にたどり着く。
この辺りのシーンが、『猿の惑星』のようでもあり、とても美しく恐ろしい。
そして衝撃のバッド・エンディング。
正義感あふれる心優しい美男美女は救われないのかー?!
ガーン。

吉田輝雄の魅力にひたった一日でした(ホントに)。
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

23 : 58 : 02 | 映画 | トラックバック(4) | コメント(0) pagetop
<<蔡明亮監督の『西瓜』を観る | ホーム | 『893愚連隊』のDVD>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ssbs.blog36.fc2.com/tb.php/92-c62a6bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
数々のSF映画やホラー映画に影響を与えたカルトの中のカルト和製ホラー作。謎の宇宙生物ゴケミドロに取り憑かれた吸血人間の恐怖をハードに描く。出演は吉田輝雄、佐藤友美ほか。 DVDジャンル別リアルタイム価格情報【2006/10/03 21:34】
謎の光体の接近により墜落し、岩山に不時着した旅客機の生き残りが遭遇する恐怖の体験。宇宙生物ゴケミドロが次々と人間の体に寄生しては、新たな獲物を求めていくのだ…。 松竹が手掛けた初の本格的特撮怪奇映画で、『散歩する霊柩車』『海底大戦争』など怪奇SFに定 1-kakaku.com【2006/11/15 21:43】
数々のSF映画やホラー映画に影響を与えたカルトのなかのカルト和製ホラー作。謎の宇宙生物ゴケミドロに取り憑かれた吸血人間の恐怖をハードに描く。あのタランティーノも影響を受けたといわれる傑作。 DVDジャンル別リアルタイム価格情報【2006/11/18 09:39】
謎の光体の接近により墜落し、岩山に不時着した旅客機の生き残りが遭遇する恐怖の体験。宇宙生物ゴケミドロが次々と人間の体に寄生しては、新たな獲物を求めていくのだ…。 松竹が手掛けた初の本格的特撮怪奇映画で、『散歩する霊柩車』『海底大戦争』など怪奇SFに定 1-kakaku.com【2006/12/02 23:14】
| ホーム |

プロフィール

 リネン

Author: リネン
♀。会社員。独身。
東京23区在住。
深煎りコーヒーが好き。
成瀬巳喜男監督作品56本を
劇場で観たのが自慢。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSフィード

Blogリンクリスト

BlogPeople

ブログペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。